紅麹サプリメントでコレステロールは低下する?

NO IMAGE

紅麹とは、紅色の麹です。米なんかを紅麹菌(カビ?)で繁殖させてできた麹?なのかな。あまり馴染みもなく料理をしないので、ピンとこないのですが、まあ麹です。
この紅麹が入ったサプリメントやドリンク、紅麹パウダーなんかが人気のようです。

紅麹の効果と効能について

紅麹の効果や効能について調べてみると、だいたいコレステロールのことが出てきます。ただ、どれだけの量で、どれくらいの効果がでるとか、そういう具体的な数値というのは、みたことがありません。

紅麹サプリメントとモナコリン

苦手な冬はもうすぐそこまでやってきました。
それはさておき今日も紅麹サプリメントのことをメインに書いていきます。
何を書こうか考えましたが、まずはモナコリンKというものについてです。
これがコレステロールを下げる効果があるかは別にして、これがどれだけ入ってるかが紅麹サプリメントにとって大事なんでしょうな。商品によって配合量が違いますが、どれくらいがちょうどいいのかというのはまだよく分かりません。
多ければそれでいいのかというと決してそうではないような気もしますし、少ないからいいってわけでもないでしょう。
ただ、モナコリンKがどれだけ入ってるかという表記がないのは選ばないようにしています。自信があるなら書くでしょうからね。
もうちょっと詳しく調べたいけどなかなか時間がないんです。
年末ってやっぱりだんだん忙しくなってくるんですよね。

紅麹サプリメントも続けれる価格で

サプリメントというのはどんな成分でもそうかと思いますが、継続して飲むというのが基本なのかなと思います。
普段から食生活にも生活習慣にも自信があるなら、そもそもサプリなんか必要ないんだと思いますが。
予防のことも含めて飲むなら続けて飲むほうがいいのかなと思います。
しかし、サプリの中には1万円以上もするものもあり、そこまでいくと続けるのは私には全く無理だなと思います。
人によっていくらぐらいまで大丈夫ってのは違うでしょうけどね。
紅麹サプリメントの価格帯をみたいくと、だいたい安いのだと1,000円台でもあるし、2,000円台になるともうちょっと種類が増えてきます。
そう考えると3,000円以上するのは考えれないかな。そのあたりでも、きちんとモナコリンKの含有量の記載もありますし。
もしかすると、紅麹以外の成分が多いのかもしれませんが、それは考えないでおきます。
あくまで紅麹が主になってるものとして考えています。紅麹の効果や効能についてはサプリメントの場合はっきりしたことが分かりませんので、レビューとかも参考にするといいかなと思います。

紅麹はオメガ3系のDHAやEPAと一緒に入っていることも少なくありませんが、紅麹の知名度はオメガ3系のものと比べるとかなり低いようです。
それは楽天市場なんかの商品数を見ても分かります。
それでも売れてるものは結構売れてるみたいです。以外とというか、パウダータイプも人気みたいで、これは健康がどうのとか関係なく色がキレイなので、お菓子なんかにも使われるみたいですね。

ここでいうところの効果や効能はサプリメントのことではなく、あくまで紅麹というものについてです。
やはり紅麹の効果はコレステロールや中性脂肪に対してというのをよくみます。
ただ、実験があったようなことが書かれている場合もありますが、その具体的な内容がみつかりませんでした。